2011年5月26日木曜日

Altec DIG 買いました

ずいぶん昔の話だがAltecの409Bユニットを一発だけ入れたSPシステムが「Altec DIG」という名前で売り出された。仕掛けたのは日本の商社エレクトリで、当時のオーディオ雑誌はこぞってベストバイとしたので欲しかったのだが、その時の僕には高根の花、三菱のP610Bの自作SPで我慢していた。

あれからずいぶん時間が経ったがDIGの音を聞いたことが無かった。 409 Specialが寸法やユニットからしてDIGに類似する商品なんだろうとは思っていたのだが、ヤフオクで程度の良いのを見つけてしまったのでオリジナルを衝動的に買った。



音を出して思ったのだが409 Specialと似ているが違う。 409 Speicalの方が音は渋め、濃くて解像度がやや高い。 DIGは思ったよりあっさりした音で高音がよく出る。 音の方向性は同じだと思うが鳴らしたい音楽は違うのが面白い。

組み合わせるアンプもSV-501SEではDIGの高音がやや荒れて聴こえるので、ここは華やかだが優しい音のするSV-2A3の方がいい。低音の量感も多めに出る。

409 Specialは何と言ってもJazz、レスターヤングとかは鳴らすと渋くて濃くてシビれる。 DIGにはイーグルスだ。 「テイクイットイージー」をかけてみると、アメリカ西海岸のカラッとした音でよくマッチする。

似たような大きさで似たような音、しかし両方とも残しておきたいと思う程の違いがあった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿